2017年4月19日水曜日

アンティーク家具の魅力に誘われて♡パリジェンヌのような部屋を目指す


アンティーク家具の魅力に誘われて♡パリジェンヌのような部屋を目指す



はじめての方は、こちらをどうぞ!

『自己紹介』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html





今年に入ってから、本棚を探しているということもあり、

いま家具にとても興味があります。



夫の休日には、一緒に家具屋さん(インテリアショップ)を覗いてみたり。

目指すは、アンティーク家具です。







|家具の選び方とインテリアコーディネート



これまで、度重なる引っ越しや、結婚を機に、何度も家具を買う場面には遭遇しました。

しかし私は、その都度、

家具単品のデザインや使い勝手、サイズのみを見て買っていたので、

どうも部屋全体がチグハグというか、オシャレな空間とは程遠い部屋になりました。



当時は、服などのファッションアイテムにはかなり注力していたので、

そちらに関してはもちろん、コーディネートを意識して買い物したり、実際に組み合わせて使うわけですが、

一方で「インテリアコーディネート」という概念が、すっぽり頭の中から抜けていたようです。



そして、今の家でサロンを開くとなったとき、自分なりにかなり、インテリアコーディネートを考えました。



結婚したときにガッツリ家具を揃えたので、まだ2年も使ってない家具を、サラッと買い替えるわけにもいきません。

なんとかあるものを活かして、全体的にしっくりコーディネートできないものか。

一口に「木の色」と言っても、濃いのから薄いのまで、実に様々な種類のものが存在します。



そこで、サロンスペース(ダイニングキッチン)は、ベージュっぽい木とブラウンっぽい木、そして黒でベースを考えることにしました。

あまり多色使いすると、ごちゃごちゃした印象になるので、なるべく色は控えめに。

そこに布物をネイビーに、差し色をオレンジにして、

なんとか自分が納得した状態で、人をお迎えすることができる状態になりました。







|圧倒的にオシャレで居心地のよい空間には、アンティーク家具がある



自分がアンティーク家具を探していて、気がついたことがあります。

それは、オシャレで、なんだか落ち着く居心地のよい空間には、

必ずと言っていいほどアンティーク家具が置いてあります。



「オシャレ」とか、「なんだか落ち着く」というような、どちらかだけの要素の空間はたくさんあると思います。

見る人の好みにもよりますが、私の審美眼に引っかかる空間には、やはりアンティーク家具があるのです。





アンティーク家具の魅力に誘われて♡パリジェンヌのような部屋を目指す
{トタンコットンカフェ}


アンティークなのかは不明ですが、usedの椅子やテーブルが置かれています。

絶品のパンケーキがいただけるお店。





アンティーク家具の魅力に誘われて♡パリジェンヌのような部屋を目指す
{カフェ ポステン}


建物自体が、大正時代に郵便局として建てられたもので、レトロな雰囲気が幅広い年代の人に愛されるお店です。

「和」だけど、それだけじゃない気もする空間です。





この2件は、どちらもお気に入りのカフェです。







|パリジェンヌに憧れて



ファッションもそうですが、住まいや考え方など、

全部ひっくるめて、パリジェンヌやフランス人に憧れています。



本が増えるので、ずっと前に立ち読みで済ませた本。

やっぱり買いました。



アンティーク家具の魅力に誘われて♡パリジェンヌのような部屋を目指す


これは収納の本ですが、

パリに住む、一人から核家族までのおうちが、

キッチン、クローゼット、バスルームの中まですべて載っている、とても魅力的な内容です。

部屋全体の写真も載っているので、インテリアの参考にもなりますよ。





そんな中でも、やっぱりアンティーク家具!



アンティーク家具の魅力に誘われて♡パリジェンヌのような部屋を目指す

アンティーク家具の魅力に誘われて♡パリジェンヌのような部屋を目指す

アンティーク家具の魅力に誘われて♡パリジェンヌのような部屋を目指す



新しいもの好きな日本人とちがい、パリ(フランス)の人は、古いものを大切にします。

住まいも、築100年は当たり前なんだとか。

(そうは言っても、日本目線で考えると、耐震や配管は気になりますが。)



私は、マリーアントワネットの時代のような、きらびやかな装飾のある家具や家に憧れているのではなく、

現代のフランス人が住むような部屋に憧れています。

だから、この本はとても参考になりますよ。



『もっと知りたいパリの収納』



「フレンチシック」も好きですが、インテリアでフレンチシックというと、

全体を白で統一して…みたいなものをよく見ます。

そういうのは、私としてはちょっとちがう気がするし、この本には1件も載ってなかったです。

(キッチンの家具が白、寝室だけ白を基調としているなど、一部分に取り入れている人は載ってました。)







|つくばはアンティーク家具の宝庫!



嬉しいことに、つくばにはアンティーク家具を取り扱っているお店がたくさんあります。

私が実際に行ったお店を紹介します。





{ブラックボード つくば店}


アンティーク家具の魅力に誘われて♡パリジェンヌのような部屋を目指す


HPから写真がコピーできなかったので、カフェを利用したときの写真です。

カフェと反対側に、家具の販売スペースがあります。

目黒にもお店がありますが、つくばはデンマークのアンティーク家具が多いので、

北欧系など、ほっこりした雰囲気の部屋をつくりたい人にはオススメです。



Blackboard (つくば店&カフェ)
https://www.karf.co.jp/shop/#03





{sonota}


アンティーク家具の魅力に誘われて♡パリジェンヌのような部屋を目指す


こちらは、アンティークというより、ヴィンテージ家具のお店です。

綺麗に修復している様子がFacebookにアップされていたりするので、

そういうのを見ると安心できますよね。



sonota(ソノタ)
http://www.sonota.jp/





{スタイルショップ つくば店}


アンティーク家具の魅力に誘われて♡パリジェンヌのような部屋を目指す


こちらは、1階に新品の家具が置かれていて、間に少しアンティーク家具を絡めてディスプレイされていました。

アンティーク家具は2階に。

主にイギリス、デンマーク、アメリカのアンティーク家具の取り扱いがあります。

おそらく、つくばで一番品揃え(品数)が豊富なお店です。

スタッフさんがとても親切で、いろいろと教えてくださいますよ。



そして、一番驚いたのは、

まだ店頭に出していない、倉庫にある修復前の家具を見せていただくことができるのです!!

すごく楽しかったですよ!

ちなみに、ブラックボードと同じ会社だそうです。



スタイルショップ(つくば店)
http://partner.actus-interior.com/style-tsukuba/





つくばには他にもまだ、アンティーク家具を販売しているお店が何件かあるそうです。

近くにこんなにあるなんて、足を運んでみるもんですね。







|まとめ



一括りにアンティークと言ってますが、


アンティーク=製造されてから100年以上経過したもの。かつ、美術的・芸術的価値のあるもの。

ヴィンテージ=製造されてから25年程度〜100年未満経過しているもの。


とされています。



そんなに古いものは心配だ、と思うかもしれませんが、

ちゃんとメンテナンスして販売してくれますし、

プロにじっくり話を聴いてから買うのも、とても楽しいですよ。



アンティークには、決してアンティーク「風」には出すことのできない魅力とオーラがありますよね。

こればかりは出会いなので、焦らずにじっくりと探していきたいと思います。





最後に。

実家住まいでオシャレな家とは程遠い、とか、

子どもがいるから物が多くて、など、環境は人それぞれ異なりますが、

自分の部屋や寝室など、プライベートスペースだけでも

あなたが愛せるお気に入りの空間や、落ち着く空間にコーディネートしてみてはいかがでしょうか♡





◆ランキングに参加しています!
お手間でなければ、応援のクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





【関連記事】

『消費大国、日本!見極める力と選び取る力を養って快適なファッションライフを手に入れよう♡』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2017/03/fashion-life.html


『理想の暮らしを目指せてる?不要なものを手放して素敵なものを迎え入れよう♡』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2017/04/how-to-danshari.html


『理想の家を目指す♪陽の当たる部屋で花を愛でて暮らしたい』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2017/04/love.room.html





○ ● ○ ● ○





茨城・つくば 暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸
アザラシせっけん教室
つくばエクスプレス線・秋葉原、北千住、八潮、南流山、流山おおたかの森、柏の葉キャンパス、守谷、研究学園、つくばからも電車でお越しいただけます!

暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸「アザラシせっけん教室」


暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸「アザラシせっけん教室」

Facebook
Instagram
HomePage
○お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから⇒お問い合わせ・お仕事のご依頼 専用フォーム