2017年1月7日土曜日

食器洗いも石鹸で♡エコでhappyなキッチンソープ!


HAPPY KITCHEN SOAP/Rika Shimizu



今回は久々に、石鹸をご紹介します!

2016年の最後につくった石鹸です。

つくった時の記事は、こちらから。



『毎日の食器洗いに!地球にもやさしいhappyなキッチンソープは手づくりで♡』
http://azarashisekkenkyoushitsunikki.blogspot.jp/2016/12/soap-making-diary.html







|食器洗いも石鹸で♡



今回の石鹸は、古くなった材料と、あまり使い道のなかったコンフェ石鹸(飾りの石鹸/しかもコンフェをつくったときの切れ端ww)を使ってしまうことが目的でした。

で、わが家に石鹸はまだまだ沢山あるので、消費が激しいキッチンソープにしたわけです。



石鹸で、しかも固形の石鹸で食器洗い!?
と思われるかもしれませんね。

でも、からだを洗うのと同じ要領なんですよ^^



最近は、石鹸を「泡立てるのが面倒」と言われたりしています。

私としては、固形石鹸を手のひらで転がしたり、スポンジなどにこすりつけて、
泡立てるのが楽しくて、大好きなんですよ!♡



新しい石鹸をおろすときの、わくわく。

石鹸がすり減って、形が変わる様子。



使うのも、見るのも、大好きです。



そして、石鹸は排水として海や川に流れ出ても、生分解されるのが早いのです。

必要以上に水を流したり、石鹸や洗剤を使うのはよくありませんが、石鹸カスは微生物や魚のエサになるので、環境にもやさしいんですよ。







|今回の石鹸について



冬ということで、厳重に保温しましたが、ソーダ灰がついてしまいました。

もっと厚く保温したほうがよかったですね。



余りものの材料をメインに使ったとはいえ、かなり素敵な香りが漂っています。

レッスンにいらした生徒様に、香りを嗅いでいただいたので、お墨付きですよ!(笑)

次にレシピを載せるので、ぜひ試してみてくださいね^^



石鹸自体の見た目は、80年代のアメリカで、ケミカルウォッシュのシーンズにポニーテールで、ソフトクリームを食べてる時代のイメージですww



'80s アメリカ,ティーン,ファッション







|レシピ



HAPPY KITCHEN SOAP/Rika Shimizu



『HAPPY KITCHEN SOAP』


〈オイル総量470g〉

ハイオレック紅花油(35.5%) 167g
ココナッツ油(32.6%) 150g
レッドパーム油(31.9%) 153g

苛性ソーダ(鹸化率95%) 69g
精製水(35%) 165g

コンフェ石鹸 適量
ラベンダー精油 29滴
レモン精油 21滴
ユーカリ精油 15滴



材料の割合が中途半端なのは、まさにオイルを使い切りたかったからです(笑)



あなたも、エコでhappyな石鹸生活、はじめてみませんか♡





○ ● ○ ● ○





茨城・つくば 暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸
アザラシせっけん教室
つくばエクスプレス線・秋葉原、北千住、八潮、南流山、流山おおたかの森、柏の葉キャンパス、守谷、研究学園、つくばからも電車でお越しいただけます!

暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸「アザラシせっけん教室」

Facebook
Instagram
HomePage
○お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから⇒お問い合わせ・お仕事のご依頼 専用フォーム