2016年8月5日金曜日

「アザラシせっけん教室」の由来


「アザラシせっけん教室」の名前の由来を、『アザラシせっけん』と共にご紹介いたします。



暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸「アザラシせっけん教室」





私の想いを詰め込んだ『アザラシせっけん』ー



しっとり保湿成分はもちろん、エイジングケアを意識したマカダミアナッツオイル、
そしてゼラニウムとローズウッドの香りは気どらず日常使いできる、まさに大人の女性のための石鹸。

色が自然な白というのもポイントです。
ゴマフアザラシの赤ちゃんは白くてもふもふの毛が生えていて本当にかわいいです♡(今のところ写真でしか見たことないのですが。。)



しかし、成長するにつれ体はグレーがかってきて黒い斑点模様が出てきます。
おとなアザラシもとってもかわいいですが、やはり赤ちゃんアザラシにはかなわないのではないでしょうか。

手づくり石鹸というのはつくりはじめると、いろいろな素材や技法、デザインを試してみたくなるものです。
(成長すると色やかたち(毛の質感)が変わってくるところがゴマフアザラシと似ていると思います(笑))

でもやっているうちに段々、「そのオプションは本当に身体に良いの?」「そのオプションは本当に使用目的の効果が期待できるの?」と思ってしまうようなものを投入しがちになってきます。

そんなとき、原点にかえって引き算した石鹸にまた辿り着くのです。



この『アザラシせっけん』は真っ白(正確にはオフホワイト)なので、ここから色や模様をつけたり、飾りをつけたりと、たくさんの可能性があります。

私の石鹸づくりのコンセプト、アザラシせっけん教室のコンセプトは
“暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸”です。

色や香り、そして使用感やかたち・・・

心地良いと感じるものは人それぞれ好みがちがうと思うので、十人十色、百人百色。
真っ白からはたくさんの可能性が見出せますが、原点も忘れないでほしい。



そんな想いが詰まった『アザラシせっけん』と「アザラシせっけん教室」なのです♡





|使った材料


《素地》
ピュアオリーブ油
ココナッツ油
マカダミアナッツ油
パーム油
シアバター
ミツロウ

苛性ソーダ
精製水

《オプション》
ホホバ油(スーパーファット)
ゼラニウム精油
ローズウッド・葉精油
クエン酸

※こちらの香りづけは私の好みで、自分が心地良いと感じる香りです。





○ ● ○ ● ○





茨城・つくば “暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸”
アザラシせっけん教室

暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸「アザラシせっけん教室」