2016年8月5日金曜日

手づくり石鹸について


|手づくり石鹸はしっとりすべすべ




暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸「アザラシせっけん教室」






















石鹸は簡単に言うと、 油脂+水分+苛性ソーダ でできています。

アザラシせっけん教室でつくるのは「コールドプロセス製法(CP法)」とよばれる技法で、これは熱を加えずに油脂と苛性ソーダを自然に反応させるつくり方です。
熟成期間を経て使用できるまで4週間以上かかりますが、このようにしてつくられた石鹸には油脂に含まれている肌に良いとされる成分がたくさん残っているので、とても良質なものになります。

惚れぼれするしっとりさの秘密は、油脂の全てを石鹸にせず、苛性ソーダの量を調節して過剰油脂を残すところにあります。
お好みで精油(エッセンシャルオイル)やハーブ、色材を加えてオリジナルの石鹸をつくるのも愉しみのひとつ。
香りつきの石鹸にすれば熟成中にふわっと漂う精油の香気に癒されたり、わくわくしたり・・・。

手づくり石鹸はきっと、あなたのバスタイムを豊かなものにしてくれることでしょう。





○ ● ○ ● ○





茨城・つくば “暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸”
アザラシせっけん教室

暮らしに寄り添う 心地良い手づくり石鹸「アザラシせっけん教室」